←トップ頁へ

和名 ウリノキ
↑撮影:GKZ/富山県黒部市:黒部渓谷↓
 下図撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:東邦大学薬学部↑
漢字表記 瓜木
別名・異名
古名
語源 和名は、葉がウリ類の葉に似ていることから。/属名はインド・マラバル地方の現地名から。/種小名は「スズカケノキ属の葉のような」の意。/変種名は「三片の」の意。
学名 Alangium platanifolium var. trilobus 
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 八角楓
植物分類 ミズキ科(←ウリノキ科)ウリノキ属
園芸分類 落葉低木
用途
原産地 日本(北海道~九州)/朝鮮半島/中国東北部
花言葉
解説 ウリノキは、ミズキ科(←ウリノキ科)の落葉低木である。樹高は3m程度まで。葉は薄く、広く広がり、浅く3~5裂し、毛が見られる。6~7月頃に葉腋から柄を出して白色の花を見せる。蕾時は、細長い円柱形で、開花時には、花弁が外側に捲れ上がり面白い形状となる。果実は楕円形で、藍色に熟す。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考