←トップ頁へ

和名 ウオトリギ
撮影者:千葉県 三浦久美子様 

撮影地:東京都薬用植物園

下図撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 魚捕木
別名・異名 エノキウツギ(榎卯木)
古名
語源 和名は、かつては本種の樹毒を用いて魚毒漁法に用いたことからと言う。/属名は、17世紀のイギリスの内科医で植物解剖学に業績を残したNehemiah Grewの名に因んでいる。/種小名は「2浅裂の」の意。
学名 Grewia biloba
英名 Bilobed grewia
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 扁擔捍、厚葉魚捕木
植物分類 アオイ科(←シナノキ科)ウオトリギ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え(生け垣)/鉢植え
原産地 台湾、朝鮮半島、中国
花言葉
解説 ウオトリギは、アオイ科(←シナノキ科)の常緑樹である。樹高は1~2m程度に。小枝並びに葉柄には黄褐色の短い星状毛が密生する。葉は長さ3~10㎝程度の菱形で枝に互生し、縁には鋸歯があり、先端は尖るが、場合によっては浅裂する。葉脈の様子はエノキにも良く似ている。葉の両面には星状毛が密生する。7~8月頃、淡黄色で5弁の小花を数個付ける。花後の果実は径1㎝程度の球形で、2裂して、各裂片には1から2個の種子を内包する。果実は10月頃、2個ずつ合着して瓢箪形となり、赤熟する。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1 東京都薬用植物園にて
古典2
季語
備考