←トップ頁へ

和名jp ウォールム・バンクシア
撮影者:東京都 中村利治様↑
↑撮影GKZ:とちぎ花センター↓
漢字表記
別名・異名
other name
バンクシア・アエムーラ
古名
old name
撮影地:筑波実験植物園→
語源
etymology
和名は、英名から。英名のWallumとはオーストラリアの原住民の本種に対する呼び名であった。
属名のBanksiaとはイギリスの博物学者でもあり、探検家であったJ.バンクス卿の名に因んでいる。種小名は「類似した、模倣した」の意。
学名sn Banksia aemula
英名en Wallum Banksia
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 花蜜班克木
植物分類 ヤマモガシ科バンクシア属
園芸分類 常緑低木
用途use 路地植え(温室栽培)/蜜源植物
原産地
distribution
オーストラリア
花言葉
解説
description
ウォールム・バンクシアは、ヤマモガシ科の常緑低木である。樹高は5m程度に。乾性植物であり、葉は非常に堅く出来ている。花は、ブラシノキの花を太くしたような形状をしている。穂状花序の径は10㎝前後、円柱形の穂の長さは15~20㎝程度。掲載した写真(中)は、開花後の写真であり、本来の花色は淡黄色~白色である。花期は、9~10月頃。オーストラリアの原住民は、この花から密を集め食用にしていたという。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花  
古典1
古典2
季語
備考