←トップ頁へ

和名 ウコン
埼玉県長瀞町:宝登山神社にて↑

群馬県館林市:茂林寺境内にて↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:新宿御苑↑ 
漢字表記 鬱金
別名・異名
古名
語源 和名は、花が淡黄緑色であり、それがショウガ科のウコン(鬱金)の根茎を用いて染めた色に似ていることから。
属名は、ラテン語のCerasus(=桜樹)に由来している。
種小名は園芸家ラネスの名に因んでいる。
学名 Cerasus lannesiana cv. Grandiflora(=Prunus lannesiana cv. Grandiflora)
英名
仏名 国営ひたち海浜公園にて→
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉高木
用途 路地植え
原産地 園芸品種
花言葉 心の平安、警戒、毎日の精進
解説 ウコンは、バラ科の落葉高木である。樹高は5~10m程度。樹皮は紫褐色、小枝は灰褐色。若芽は綠茶色。葉は薄く、互生する。蕾は黄色又は淡紅黄色。花は淡黄緑色最外部は外面が淡紅色を帯びる。花期は4月頃。比較的樹勢も強く、病害虫も少ないので、人気がある。
履歴 もともとは、東京の荒川堤で栽培されていた品種であり、それが全国的にひろまったものという。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考