←トップ頁へ

検索名  ウボク(烏木)   
和名  コクタン     宇都宮市:ロマンチック村にて/撮影:GKZ↑     ↑ 撮影者:東京都 山口米子様↓ 
漢字表記   黒檀
別名・異名 ウボク(烏木)/ウブンボク(烏文木)/クロキ(黒木)
古名 コクタム(古久太牟/ウボク(烏木)
語源 和名は、材が黒色のため、シタン(紫檀)やビャクダン(白檀)に対しての命名。/属名は、ギリシャ語のdios(=神)とpyros(=穀物)の合成語からで、「神の食べ物」の意。美味な果実を讃えたものとか。/種小名は、コクタンのラテン古名から。
学名 Diospyros ebenum
英名  Ebony
仏名  Ébéne
独名 Ebenholz
伊名 Ebano
西名 Ébano
葡名 Ébano
漢名 黒檀、烏木
植物分類 カキノキ科カキノキ属
園芸分類 常緑高木
用途 用材(家具・建築)/染料・魚毒(実)
原産地 インド南部・マレー半島・スリランカ
花言葉 撮影地:台湾→
解説 黒檀は、カキノキ科の常緑樹である。幹は直立し、樹高は10mに達する。葉は長さ6~12㎝程度の長楕円形で、枝に2裂に互生する。葉色は濃緑色で、表面には光沢がある。葉の主脈部分は下方に凹みを見せる。雌雄同株で、同じ株に雄花と雌花とをそれぞれ別々につける。雌花は葉腋につき1個、雄花は短い花柄を持ち多数付ける。花後の果実は,「径2㎝程度の球形である。
履歴
県花・国花
古典1 『源氏物語』、『平家物語』
古典2 『多識編』、『大和本草』、『和漢三歳図絵』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』  
季語 夏(花)/秋(実)  
備考