←トップ頁へ

和名 オウショウクン
撮影者:千葉県 三浦久美子様
         撮影地:大船植物園        
漢字表記 王昭君
別名・異名
古名
語源 和名は、前漢の元帝の宮女「王昭君」の名に因んでいるが命名の所以不詳。
属名は、ラテン語のcerasus(=櫻樹)に由来している。
種小名は「小鋸歯状の、細鋸歯の」の意。
品種名は「顕著な」の意。
学名 Cerasus serrulata f. conspicua
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉小高木
用途 庭木/切り花
原産地 日本(園芸作出品種)
花言葉 高尚・純潔・心の美・優れた美・精神美・淡白
解説 オウショウクンは、バラ科の落葉樹である。樹高は5m程度となる。若芽は褐色を帯びた緑色。葉は長さ10㎝程度で、縁部の鋸歯は単鋸歯。4月頃、枝先の葉腋に散房状に3~5個の花をつける。花は径4㎝程度で、花色は、周辺部は濃紅紫色、中心部は淡紅紫色となる。花弁数は16個程度。本種の場合、花柄・小花柄が短く、花弁に堅さがある点が大きな特徴とされる。 
履歴 本種は、もと東京の荒川堤に栽培されていた品種で、大正5年(1916)に三好学博士が記載発表している。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考