←トップ頁へ

和名 オスモキシロン・リネアレ
 撮影者:東京都 中村利治様
下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様


撮影地:筑波実験植物園  
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のosme(=香り、匂い)とxylon(=木材)の合成語から。/種小名は「線状の」の意。
学名 Osmoxylon lineare
英名 Miagos bush,
Green aralia
仏名  
独名
伊名
西名
葡名
漢名  五爪木 
植物分類  ウコギ科オスモキシロン属 
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え(観葉植物)
原産地   フィリピン~マレーシア
花言葉   
解説 オスモキシロン・リネアレはウコギ科の常緑樹である。樹高は1.5m前後程度に。(原産地では3m前後程度となると言うことである。)葉は、掌状で5深裂し、小葉は線状で、全縁、鋭頭である。本種は雌雄異花で、茎頂に散形花序を出し、掲載した写真(中)は雌花が開花した後の様子で、白色の球状に見えるのは子房部分である。掲載した写真(上)に見られるのは、白色に見える部分は雄花であり、その下に見える黒い集合体は果実が濃く熟した様子である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考