←トップ頁へ

和名jp オオツリバナ
↑撮影地:富山中央植物園↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:多摩森林科学園
漢字表記 大吊花
別名・異名
otherr name
古名old name
語源
etymology
和名は、ツリバナに比して樹木が大形となることから。
属名は、ギリシャ語のeu(=良い)とonoma(=名前)の合成語で「良い評判の」の意。
種小名はギリシャ語のplani(=平らな)とpes(=足)の合成語から。
学名sn Euonymus planipes
英名en Flat-stalked spindle tree
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 東北衞矛
植物分類 ニシキギ科ニシキギ属
園芸分類 落葉低木
用途use 庭木/盆栽/用材(コケシ・彫刻・将棋駒・櫛・印材)
原産地
distribution
日本(奈良県/本州中部以北)/南千島/朝鮮半島/中国
花言葉 片思い
解説
description
オオツリバナはニシキギ科の落葉樹である。樹高は2~5m程度となる。本年枝は円柱状で緑色となる。葉は長さ3~13㎝、幅2~6㎝程度の倒卵状楕円形で、縁には細鋸歯を持ち、先端は鋭頭、枝に対生する。5月~6月頃に、枝先に集散花序を出し、黄緑色の小さな5弁花(径8㎜程度)を多数下垂するが、花そのものは観賞にたえるほどのものではない。花弁・萼片はそれぞれ5個。花を下垂する花柄は長さ4~8㎝程度。花後の果実は径1.5㎝程度のほぼ球形で、外側に4~5個の稜を持つ。果実は9~10月頃、紅熟し、4~5裂し、桃赤色の種子を下垂する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考