←トップ頁へ

検索名 オオツクバネウツギ
撮影者:東京都 中村利治様↑ 
   撮影地:筑波実験植物園   
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
和名 メツクバネウツギ
漢字表記 雌衝羽根空木
別名・異名 オオツクバネウツギ(大衝羽根空木)
古名
語源 和名は萼の一片が小型なことから。/別名は、ツクバネウツギに比して花冠が大きいことから。/属名はイギリスの医師C.エイブル博士の名に因んでいる。/種小名は「萼片が4個ある」の意。
学名 Abelia tetrasepala
英名
仏名
独名   
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 スイカズラ科ツクバネウツギ属
園芸分類 落葉低木
用途 材がとても軟らかいので、用材としてはあまり価値を認められていない。
原産地 日本(本州:東北地方南部~四国~九州)
花言葉 長い友情、強運
解説 メツクバネウツギはスイカズラ科の落葉樹である。樹高は2~3m程度。枝は密に分枝し、褐色。葉は卵形~披針状卵形で、長さ3~6㎝、幅1.5~3.5㎝程度、全縁もしくは荒い鋸歯がある。葉の先端は尖りを見せる。葉の縁並びに葉の裏面中央には、長い毛が見られる。本種の特徴は、5個の萼の中で1個だけが小さく、花冠がツクバネウツギに比して大きい点である。4~5月頃、花筒の長さ4㎝前後、径1㎝程度で、黄白色又は淡桃色を帯びた花を開花する。花の内側には濃黄色で網目模様が見られる。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考