←トップ頁へ

和名 オオトキワイヌビワ
上3図撮影者:東京都 須田様
東京都立夢の島熱帯植物園にて

下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:夢の島熱帯植物館↑
漢字表記 大常葉犬枇杷
別名・異名
古名
語源 和名はトキワイヌビワよりも葉が大型であることから。/属名は、イチジクのラテン古名から。/種小名は採集者である西村繁樹氏への献名。
学名 Ficus nishimurae
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 クワ科イチジク属
園芸分類 常緑低木
用途
原産地 小笠原諸島固有種
花言葉
解説 オオトキワイヌビワは、クワ科の常緑樹である。樹高は2~3m程度で、幹はあまり太くならず、他木によりかかるようにして生長すると言う。葉はトキワイヌビワよりも大きく厚味がある。開花期は6月頃で、果実は9月頃に熟すという。結実数も少ないために繁殖力が弱く、加えて野生化したヤギの食害も受けやすく、個体数は少ないと言われている。
履歴
県花・国花
古典1   撮影地:筑波実験植物園→
古典2
季語
備考