←トップ頁へ

和名jp オオシマウツギ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 大島卯木
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、奄美大島に見られるウツギの意から。
属名は、ツュンベリーの後継者であるオランダのJ・ヴァン・デル・デューツの名に因んでいる。
種小名は「名瀬の」の意。
学名 Deutzia naseana
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 アジサイ科(←ユキノシタ科)ウツギ属
園芸分類 落葉低木
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本:奄美大島・喜界島・徳之島):日本固有種
花言葉 古風・秘密
解説
description
オオシマウツギは、アジサイ科(←ユキノシタ科)の落葉樹である。低地〜山地の林縁に自生する樹種である。樹高は1.5〜2m程度となる。樹皮は淡灰褐色で、年数を経ると剥がれる。今年枝はは赤褐色を帯び、星状毛を散生する。葉は、長さ3〜8s年t、幅2赤ら4.5p程度の卵形〜卵状楕円形で、縁部には鋸歯を持ち、先端部は尖り、基部では3〜7道程度の葉柄に連なり枝に対生する。3〜4月頃、今年枝の先に長さ3〜10p程度の円錐花序を出し、白色で花弁の長さ6〜7o程度の5弁花をつける。花後には径3〜4o程度で椀形の刮ハをつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考