←トップ頁へ

和名jp オオシマガンピ
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 大島雁皮
別名・異名
other name
古名
opjd name
語源
etymology
和名は、奄美大島に自生の見られるガンピの意からか。
属名はギリシャ語のdiplo(=二重)とmorphos(=形)の合成語から。
種小名は不詳。ギリシャ語のphymatode(=こぶ、隆起)とglosso(=舌)の合成語からか。
学名sn Diplomorpha phymatoglossa
英名en
仏名fr
独名de 筑波実験植物園にて
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ジンチョウゲ科ガンピ属
園芸分類 落葉低木
用途use
原産地
distribution
日本(奄美大島・徳之島):固有種
花言葉
解説
description
オオシマガンピは、ジンチョウゲ科の落葉樹である。樹高は1.5前後程度に。葉は、短い葉柄を持つ長さ2〜6p、幅1〜3p程度の卵形〜卵状長楕円形で、枝に密に螺旋状につく。7〜8月頃に枝先に円錐花序を出し、黄色い小花をつける。
履歴 環境省レッドリスト:絶滅危惧TA類登録種
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考