和名 オオムラザクラ
漢字表記 大村桜
別名・異名
古名
語源 和名は、長崎県大村市玖島郷大村神社の社殿にあったことから。/属名はラテン語のcerasus(=桜樹)に由来している。/種小名は園芸家ラネスの名に因んでいる。/品種名は「奇異の、驚異の」の意。
学名 Cerasus lannesiana 'Mirabilis'(=Prunus lannesiana 'Mirabilis')
英名 現在写真はありません。
お持ちの方は、是非ご提供下さい。
連絡は、メニュー頁にあるMailboxにて。
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉高木
用途 路地植え
原産地 日本(長崎県大村市辺)
花言葉
解説 オオムラザクラは、バラ科の落葉樹である。枝は斜上し、樹形が杯状になる。若芽はやや緑色を帯びた褐色。葉の長さは7~11㎝、幅3.5~6.5㎝程度。花序は散形状で3花からなる。花径4~4.5㎝程度で、花は下垂する。花弁は100~200個の円形で、淡紅紫色。開花は4月頃。
履歴 基準木は、長崎県大村市玖島郷大村神社の社殿にあったが、1962年に枯死している。この木は明治17年に大村藩士の坂本半二郎が献木したものと言われている。基準木から増殖した木が社殿前に数本有り、国の天然記念物に指定されている。
県花・国花 長崎県:大村市花
古典1
古典2
季語 春(サクラ)
備考