←トップ頁へ

和名jp オオミヤマガマズミ
漢字表記 大深山莢迷
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、ミヤマガマズミの変種で葉が大きいことから。
属名は、本属の樹木に対するラテン語名から。
種小名は、「イギリスの植物学者C.H.ライトの」の意。
変種名は「小托葉のある」の意。
学名sn Viburnum wrightii var. stipellatum
英名en
撮影者:千葉県 三浦久美子様
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:富山中央植物園
西名es
葡名pt
漢名ch 浙皖荚
植物分類 レンブクソウ科(←スイカズラ科)ガマズミ属
園芸分類 落葉低木
用途use 染料(果実)/食用(果実)
原産地
dsitribution
日本(太平洋側に分布)~朝鮮半島
花言葉 私を無視しないで、愛は強し、鯉の焦り、結合
解説description オオミヤマガマズミは、レンブクソウ科(←スイカズラ科)の落葉樹である。樹高は3~4m程度となる。葉は倒卵形で、葉幅はミヤマガマズミより広くなり、先端部が尾状に伸びる。縁には鋸歯が見られる。葉の表面には短毛が密生する。5~6月頃、枝先に散房花序を出し、白色5弁の小花を多数つける。秋に径8㎜前後程度の果実を赤熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考