←トップ頁へ

和名jp オオミサンザシ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

↑撮影地:東京都薬用植物園↓
漢字表記 大実山査子
別名・異名
another name
古名old name 撮影地:富山中央植物園→
語源
etymology
和名は、サンザシより実が大きいことから。
属名は、ギリシャ語のkratos(=力)に由来し、材が硬いことを示している。
種小名は「羽状中裂の」の意で、葉の形状から。
学名sn Crataegus pinnatifida
英名en Mountain hawthorn
Chinese haw
Chainese hawthorn
Chinese hawberry
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 山査
植物分類 バラ科サンザシ属
園芸分類 落葉低木
用途use 庭木/盆栽/薬用(果肉)/食用(実)
原産地
distribution
中国・朝鮮半島・東シベリア
花言葉 ただ一つの恋(白花)/希望
解説
description
オオミサンザシは、バラ科の落葉樹である。樹高は6m程度となる。枝はよく分枝し、長さ1~2㎝程度の鋭い刺を持つ。葉は葉柄を持った長さ5~10㎝、幅4~7.5㎝程度の広卵形形で、枝に互生する。葉縁には鋸歯があり、先端部は尖る。4~5月頃、枝先に散形花序を出し、径1.5㎝程度で白色の5弁花をつける。果実は径2~3㎝程度の球状で、赤熟または黄熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考