←トップ頁へ

和名 オオミフクラギ  撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:タイ・バンコク・ロットファイ公園↓
撮影:GKZ↓/とちぎ花センターにて
漢字表記 大目膨木
別名・異名 ケルベラ・オドラム/ティーンペット・ナム(タイ語名)/ジサツノキ(自殺木)
古名 撮影地:バンコク 
     クイーンシリキット公園→
語源 和名は、大形のミフクラギの意から。因みに、ミフクラギとは、樹液に毒性があり、目の辺を擦ると目が腫れてしまうことから「目が膨らむ木」からの転訛した沖縄方言が和名となったもの。/属名はギリシャ神話に登場し地獄の門を守ったとされるCerberus(ケルベロス=頭が3つで、尾がヘビの犬)の名に因んでいる。本属の植物が有毒であることから。/種小名は,ギリシャ語Adullamを語源としており、パレスチナの地名に因んでいる。
学名 Cerbera odollam
英名 Indian suicide tree, Pong-pong tree
仏名  Pong-pong
独名 Zerberusbaum,Selbsmordbaum
伊名
西名 Arbol suicida,Pong-pong,Othalanga
葡名
漢名 海檬樹、山檨仔、猴歡喜
泰名   ตีนเป็ดน้ำ 
植物分類 キョウチクトウ科ミフクラギ属
園芸分類 常緑小高木
用途 街路樹/公園樹/魚毒剤/殺鼠剤/殺虫剤/防潮林
原産地 印度/東南アジア/太平洋諸島
花言葉 用心、危険、油断しない
解説 オオミフクラギは、キョウチクトウ科の常緑樹である。全株無毛。樹高は5~20m程度。葉は枝先に輪生する。乳状の樹液を持ち、有毒である。葉は柔らかな革質で長楕円状被針形。5~11月頃に枝先に集散花序を出し、キョウチクトウによく似た花を見せる。花は漏斗形で、花冠は5裂する。花後の果実は5~10㎝程度の核果。本種は樹液や種子に猛毒なアルカロイドを有し、英名ではSuicide tree(自殺の木)と呼ばれている。本種の花は、ミフクラギに良く似ているが、ミフクラギの場合、花冠の喉部に赤い輪模様が入るので識別できる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 有毒植物