←トップ頁へ

和名jp オオコマユミ
撮影者:千葉県 三浦久美子様↑

撮影地:富山中央植物園
漢字表記 大小真弓(檀)
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、コマユミに比して葉が意大きいことから。
属名は、ギリシャ語のeu(=良)とonoma(=評判)の合成語で「良い評判の」の意。
種小名は「翼のある」の意。
変種名は「円形の」の意。
学名sn Euonymus alatus var. rotundata
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ニシキギ科ニシキギ属
園芸分類 落葉低木
用途use 庭木/盆栽/花材
原産地
distribution
日本(北海道・本州・四国・九州)概して日本海側に多く分布する。
花言葉
解説
description
オオコマユミは、ニシキギ科の落葉樹である。ニシキギの枝にコルク質の翼が無い樹種を「コマユミ」と言うが、本種の場合、そのコマユミに比して葉がより大きくなる樹種である。樹高は2〜3m程度。葉は長さ2〜7p、幅1〜3p程度の倒卵形で、縁部には鋭細鋸歯を持ち、先端部は急鋭頭となり、基部では葉柄に連なり枝に対生する。5〜6月頃、葉腋に集散花序を出し、径7o前後程度で淡緑色の花をつける。果実は9〜11月頃に2片に裂開した朱色の仮種皮に包まれた刮ハをつけ橙赤色に熟。果実からは朱の仮種皮に包まれた種子を下垂する。紅葉も見事であり、果実の下垂する様子も楽しめ、招鳥樹としても楽しめる等の点で庭に植栽される事の多い樹種である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考