←トップ頁へ

和名jp オオベニウツギ
漢字表記 大紅空木
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、大形の花をつけるベニウツギの意から。
属名はドイツの科学者C・E・フォン・ウェイゲルの名に因んでいる。
種小名は「多花性の」の意。
学名sn Weigela florida
撮影者:東京都 中村利治様
英名en Old fashioned weigeria
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:小石川植物園
西名es
葡名pt
漢名ch 錦帯花
植物分類 スイカズラ科タニウツギ属
園芸分類 落葉低木
用途use 庭木/公園樹/花材
原産地
distribution
日本(九州)/朝鮮半島/中国
花言葉 豊麗
解説
desscription
オオベニウツギはスイカズラ科の落葉樹である。樹高2~3m程度。葉は長さ5~10㎝程度のほぼ楕円状で、縁部には鋸歯があり、先端部は尖り、枝に対生する。表面は無毛だが、裏面には白色の毛が密生する。5~6月頃、枝先の葉腋に総状花序を出し、長さ3~4㎝程度の漏斗状花を1~4個つける。花色は、濃桃紅色。
履歴
県花・国花
古典1
古名2
季語
備考