←トップ頁へ

和名jp オオバオオヤマレンゲ
撮影:GKZ/館林市(植栽品) 



撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:神代植物公園
漢字表記 大葉大山蓮華
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、大形の葉を持つオオヤマレンゲの意から。
属名は、17世紀フランス人植物学者Pierre Magnolの名に因んでいる。
種小名・亜種名は、ドイツの医学者・博物学者で日本の植物を調査したPhilipp Frabtz von Sieboldの名に因んでいる。
学名sn Magnolia sieboldii subsp. sieboldii
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 小花木蘭
植物分類 モクレン科マグノリア(モクレン)属
園芸分類 落葉低木
用途use 庭木/切り花/茶花
原産地
distribution
朝鮮半島/中国
花言葉
解説
description
オオバオオヤマレンゲは、モクレン科の落葉低木である。樹高は2~4m程度となる。葉は、長さ17.5㎝、幅8.5㎝程度の楕円形~広楕円形で、縁部は全縁、先端部は尖り、基部では葉柄に連なり枝に互生する。5~7月頃に、下向きに径5~7㎝程度で白色の花を見せる。花被片は6~9個。花には芳香がある。花後には袋果をつけ橙熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考