←トップ頁へ

和名jp オオバマイハギ
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓  

撮影地:富山中央植物園
漢字表記 大葉舞萩
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、大形の葉をつけるマイハギの意。
属名は、ギリシャ語のdesmos(=鎖り、絆)とedios(=構造)の合成語で果実がくびれて鎖状になることから。
種小名は「次々と続いた」の意。
学名sn Desmodium sequax
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 長波葉山螞蝗
山毛豆花
烏山黄襢草
植物分類 マメ科シバハギ属(←マイハギ属)
園芸分類 落葉低木
用途 use 路地植え/鉢植え
原産地
dsitoribution
中国・ブータン・インド・インドネシア・ラオス・マレーシア・ミャンマー・ネパール・ニューギニア・ヴェトナム・タイ・フィリピン
花言葉
解説
description
オオバマイハギはマメ科の落葉樹である。本種は、原産地の項に記した地の標高1000~2800m級高地の林縁や草地に自生の見られる潅木である。樹高は1~2m程度となる。若枝・葉柄・葉にには細毛が密生する。葉は長さ4~10㎝、幅4~6㎝程度の卵状楕円形~菱状楕円形で、枝に互生する。80㎝程度となる。葉は3出複葉で、頂小葉は長さ4~10㎝程度となるが、側小葉はとても小さく1㎝弱程度7~9月頃、茎頂に総状花序を出し、径1㎝程度で桃紫色の蝶形花を多数つける。花後には長さ3~4.5㎝程度の豆果をつける。果実の表面は褐色で鈎状の毛で覆われる。果実には途中にくびれが出来る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考