←トップ頁へ

和名 オオバクロモジ
上3図撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:北海道大学植物園

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
漢字表記 大葉黒文字
別名・異名
古名
語源 和名は、クロモジよりも葉が大きくなることから。/属名はスウェーデンの植物学者J・リンデルの名に因んでいる。/種小名は「散形花序の」の意。/変種名は「膜質の」の意。
学名 Lindera umbellata var. membranacea
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 クスノキ科クロモジ属
園芸分類 落葉低木
用途 各種用材(楊枝等)/精油/香料/薬用
原産地 日本(本州:東北地方以南の日本海側~北海道)
花言葉 誠実で控えめ
解説 オオバクロモジはクスノキ科の落葉樹である。クロモジの変種として分類されるが、クロモジが概して太平洋側に自生するが、本種は日本海側に自生の見られる樹木である。樹高は2~5m程度。樹皮には黒色の斑点がある。葉は長さ13㎝程度の狭長楕円形で、先端は鋭頭、縁部は全縁、基部では長さ1~1.5㎝程度の葉柄に連なり枝に互生する。4~5月頃、ほぼ葉の展開と同時に葉腋から淡黄色で6弁の小花を下垂する。10月頃、径5㎜程度で球形の果実を黒熟する。
履歴 撮影地:谷川岳→
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考