←トップ頁へ

和名 オオバイヌビワ
漢字表記 大葉犬枇杷
別名・異名
古名
語源 和名は、大葉のイヌビワの意。イヌビワとは、果実がビワに似ているが、小さくて食用に適さないために命名されている。/属名は、イチジクに対するラテン古名。/種小名は「果実が胞間裂開の」の意。
学名 Ficus septica 沖縄県那覇市にて↓
英名 Hauli tree
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 棱果榕
植物分類 クワ科イチジク属
園芸分類 常緑高木
用途 街路樹/防風樹/緑肥・飼料(葉・枝)
原産地 日本(奄美以南)/台湾
花言葉  
解説 オオバイヌビワは、クワ科の常緑高木である樹高は5~7m程度。樹皮は黒褐色。葉の長さは、10~20㎝、幅3~8㎝程度の倒卵状長楕円形で、葉の表面には光沢があり、葉脈がはっきりと見える。葉は互生する。新葉・新枝は赤味を帯びる。果実は、イチジクに似た果実であるが、形状はカボチャのような形である。実の径は15~17㎜程度。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考