←トップ頁へ

和名 オオアリドオシ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記 大蟻通
別名・異名
古名
語源 和名は、アリドオシより大形のみをつけることから。/属名は、ギリシャ語のdamnao(=優れる)とacantha(=刺)の合成語からで、鋭い刺針をもつことから。/種小名は「インドの」の意。/亜種名は「大形の」の意。
学名 Damnacanthus indicus subsp. major
英名
仏名
独名 撮影地:東京都薬用植物園
伊名
西名
葡名
漢名 大卵葉虎刺
植物分類 アカネ科アリドオシ属
園芸分類 常緑小低木
用途
原産地 日本(関東地方以西南)/朝鮮半島/中国
花言葉
解説 オオアリドオシは、アカネ科の小低木である。概して沿海地の常緑樹林下に自生する小低木である。樹高は50~100㎝程度となる。葉は長さ2~6㎝、幅0.5~2㎝程度の卵形で枝に対生する。葉のの先端部は刺状の突起となり、基部は1~3㎜程度の葉柄に連なる。葉腋には托葉の変化した細い刺がある。刺の長さは5㎜前後程度である。4~5月頃、葉腋に1~2個の白色の筒状花を開く。花冠の先端は4裂する。果実は球形(径5㎜前後)で、9月頃に赤熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考