←トップ頁へ

検索名  オオアメリカキササゲ 
撮影者:東京都 中村利治様↑
↑撮影地:小石川植物園↓

↑撮影者:東京都 山口米子様↓
和名 ハナキササゲ
漢字表記 花木豆豇
別名・異名 オオアメリカキササゲ
ノーザン・カタールパ
古名
語源 和名は花を愛でるためのキササゲの意。
属名は、アメリカキササゲに対するノースカロライナ州での呼び名に由来している。
種小名は「美しい、華やかな」の意。
学名 Catalpa speciosa
英名 Northern catalpa,
Hardy catalpa Western catalpa,
Ciger tree, Catawba-tree,
Uumbrella catalpa
仏名 Catalpa à feuilles cordées
独名 Prächtige Trompetenbaum
伊名 Catalapa vistosa,
Albero dei sigari
西名 Catalpa occidentales
葡名 Norte catalpa
漢名 北美梓木、黃葉美國木豆樹
植物分類 ノウゼンカズラ科キササゲ属
園芸分類 落葉高木
用途 緑陰樹/用材/食用(果実)
原産地 北米
花言葉 夢心地
解説 ハナキササゲはノウゼンカズラ科の落葉樹である。樹高は30m前後程度に。葉は広卵円形で、枝に対生する。5~7月頃、葉腋に円錐花序を出し、白色で径4~5㎝程度、鐘型の花をつける。
履歴 明治・大正期に「黄金樹」の名で大量に導入するがあまり定着を見なかったという。
県花・国花
古典1 撮影地:小石川植物園
古典2
季語
備考
   
   
撮影者:千葉県 三浦久美子様/撮影地:小石川植物園↓