←トップ頁へ

検索名  オキザリス・ヘディサロイデス 
和名 ショウジョウカタバミ 
漢字表記 猩猩酢漿草
別名・異名 オキザリス・ヘディサロイデス
古名
語源 和名は葉色が赤いことから。/属名はギリシャ語のoxys(=酸っぱい)を語源としている。/種小名は「イワオウギ属(マメ科)に似ている」の意。
学名 Oxalis hedysaroides
英名 Fire fern
仏名
独名
伊名 撮影地:東京都薬用植物園
西名
葡名
漢名 紅葉酢漿草
植物分類 カタバミ科カタバミ属
園芸分類 常緑樹
用途 路地植え(グランドカヴァー)/鉢植え(コンテナー) 
原産地 コロンビア・ベネズエラ・エクアドル 撮影者:東京都 中村利治様
花言葉
解説 オキザリス・ヘディサロイデスは、カタバミ科の常緑樹である。草丈は1m程度となる。葉は紙質で薄く、表面に微細毛が密生しビロード状となる。葉は長い葉柄を持った3小葉で構成される。葉身の形状はほぼ菱形に近い。6~11月頃、茎上部の葉腋から長い花茎を出し、径1㎝程度の黄花をつける。
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考