←トップ頁へ

和名 オキザリス・ギガンテア ↑撮影者:東京都 中村利治様↓ 

撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:神代植物公園↑
漢字表記
別名・異名 ジャイアント・オキザリス
古語
語源 和名は、学名の音読みから。
属名は、ギリシャ語のoxys(=酸性の)の語から来ている。
種小名は「非常に大きい、巨大な」の意。
学名 Oxalis gigantea
英名 Jiant oxalis
仏名
独名 撮影地:筑波実験植物園
伊名
西名 Churqi,
Chruco
葡名
漢名 巨人酢醬草
植物分類 カタバミ科カタバミ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 チリ
花言葉 輝く心、喜び、母の優しさ
解説 オキザリス・ギガンテアは、カタバミ科の落葉樹である。幹は株立ち状に束生し、灌木状となる。樹高は60~90㎝程度に。幹の葉跡はコブ状に突起する。若い葉跡は刺状の突起を見せる。若枝、葉柄、葉の表面には白色の腺毛が密生する。葉は、幾分肉厚の3個の小葉から成る複葉で長い葉柄を持つ。夏場には落葉し、休眠する。花は黄色の5弁花である。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考