←トップ頁へ

和名 オキナワヤブムラサキ  
撮影者:東京都 中村利治様     
漢字表記 沖縄藪紫
別名・異名
古名
語源 和名は、沖縄に自生の見られるムラサキシキブの意から。/属名はギリシャ語のcallos(=美)とcarpos(=果実)の合成語から。/種小名は「奄美大島産の」の意。/変種名は「沖縄産の」
学名 Callicarpa oshimense var. okinawense
英名  撮影地:筑波実験植物園
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 シソ科(←クマツヅラ科)ムラサキシキブ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え/花材/用材(大工道具の柄・箸・木炭) 
原産地 日本:固有種  
花言葉 聡明、愛され上手  
解説 オキナワヤブウラサキは、シソ科(←クマツヅラ科)の落葉低木である。オオシマムラサキの変種として分類されている。樹高は、1~2m程度。葉は菱形にも近い楕円形で枝に対生する。今年枝は灰白色を帯び樹皮上に星状毛を有する。4~5月頃、淡桃紫色の小花を集散状に見せる。花径は3㎜程度で花冠は4裂する。果実は10月頃に径3㎜程度の球形で紫熟する。果皮の表面には光沢がある。 
履歴 環境省RDB:絶滅危惧Ⅱ類(VU) 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考