←トップ頁へ

検索名  オカメナンテン(阿亀南天) 
撮影:GKZ/都立美術館前↑
撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:神代植物公園入り口バス停前    
和名 オタフクナンテン
漢字表記 お多福南天
別名・異名 オカメナンテン(阿亀南天)
ゴシキナンテン(五色南天) 
古名
語源 和名は、葉幅が広いことからの命名と推測される。
属名は和名のナンテンから。
種小名は「国内の、その土地産の、家庭的な」などの意がある。
品種名は和名から。
学名 Nandina domestica 'Otafuku'
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 メギ科ナンテン属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え/生花材料/公園樹/庭園樹
原産地 園芸作出品種(原産地:中国)
花言葉 私の愛は増すばかり、良い家庭
解説 オタフクナンテンは、メギ科の常緑低木である。ナンテンの矮性園芸品種である。樹高は30~50㎝程度。1~2程度。株元から多数の幹を直立させ叢生する。葉は2から3回羽状複葉で、長い葉柄を持ち互生する。小葉柄の分岐ごとに節がある。葉の質は堅く、表面には光沢がある。晩秋には紅葉見せる。本種の場合、南天よりも幾分葉質は薄くなり、葉は葉が広くなり、掲載した写真に見られるように葉の中央部から外側に湾曲する傾向を見せる。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語 夏(花)/秋(実):ナンテン  
備考