←トップ頁へ

和名 オカメ
撮影者:千葉県 三浦久美子様↑

↑撮影:GKZ/福島市・花見山公園↓
 
漢字表記 お亀・阿亀
別名・異名 オカメザクラ(阿亀桜)
古典 撮影地:大船植物園→
語源 和名の語源不詳
属名はラテン語のcerasus(=櫻樹)を語源としている。
種小名は「鐘形の」の意。
学名 Cerasus campanulata ×P.incisa(=Prunus campanulata ×P.incisa)
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭木
原産地 日本(園芸作出品種)
花言葉 高尚・純潔・心の美・優れた美・精神美・淡白
解説 オカメは、カンヒザクラマメザクラとの交配によって作出されたサクラの園芸品種である。樹高は3m程度止まりということなので、庭木として人気が高い。また、枝が斜上し横に広がらないのでまとまりも良い。樹皮は暗紫褐色で、光沢がある。4月上旬に、濃紅赤色で花径1.5㎝程度の5弁花を見せる。
履歴 イギリスのサクラ研究家Ingram氏がカンヒザクラとマメザクラとを交配して作出したと言われている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考