←トップ頁へ

和名 オヒョウ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記
別名・異名 ヤジナ(矢科)
ネバリジナ(粘科)
オヒョオウニレ
アツニ(アイヌ語名)
アツシノキ(厚子木・厚司木)
古名 撮影地:多摩森林科学園→
語源 和名は、本種の樹皮をアイヌ語でオピウ(opiw)と呼んだことに因している。
属名は、elmを語源とするラテン古名から。
種小名は「条裂の、細分裂した」の意。
学名 Ulmus laciniata
英名 Manchurian
Cut-leaf
Lobed elm
仏名
独名
伊名 撮影地:筑波実験植物園→
西名
葡名
漢名 裂葉楡
植物分類 ニレ科ニレ属
園芸分類 落葉高木
用途 庭園樹・公園樹(寒地)/用材(器具材・薪炭)・衣料(樹皮繊維(アツシ←アイヌが着用した上着)
原産地 日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮半島・中国・サハリン・カムチャッカ・東ロシア
花言葉
解説 オヒョウはニレ科の落葉樹である。樹高は25m程度となる。樹皮は灰褐色で、縦に浅裂する。樹皮層は繊維質で、長い裂片になって容易く剥がれる。葉は、左右非対称の倒卵形〜長楕円形で、上部では3〜9浅裂し、先端部では二重鋸歯となり鋭頭となる。葉は枝に互生する。6月頃、枝先の葉腋に淡黄色の目立たない小花を見せる。花後には円形〜広円形で扁平な翼果をつける。
履歴
県花・国花
古典
古典2 『物品識名』
季語
備考