←トップ頁へ

和名 オガサワラグミ
漢字表記 小笠原茱萸
別名・異名 グミノキ(小笠原諸島名)
古名
語源 和名は、文字通り小笠原産のグミの意。/属名はギリシャ語のalaia(=オリーブ)とagnos(=セイヨウニンジンボク)の合成語で、前者に似た果実と後者に似た白っぽい葉を持つことから。/種小名は「円形の」の意。
学名 Elaeagnus rotundata
英名 撮影者:東京都 須田様/東京都立夢の島熱帯植物園にて↑
仏名 撮影者:東京都 中村利治様↓
独名
伊名
西名 夢の島熱帯植物園にて→
葡名
漢名
植物分類 グミ科グミ属
園芸分類 蔓性常緑低木
用途 食用(果実)
原産地 小笠原諸島(固有種)
花言葉 野生美
解説 オガサワラグミはグミ科の蔓性常緑樹である。枝は、明るい褐色で、細く、良く分枝する。葉は楕円形~倒卵形、全縁で枝に互生する。全体的に銀白色の鱗片毛に覆われる。葉の裏面は銀白色が色濃くなる。11~12月頃葉腋から花柄を伸ばし、4個の萼で構成された黄白色の小花をつける。つまり、本種には花弁はない。果実は3月頃に赤熟する。果実は幾分渋味を持つが甘味があり、食用にされる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考