←トップ頁へ

和名 オガラバナ
漢字表記 麻幹花
別名・異名 ホザキカエデ(穂咲槭)
古名
語源 和名に見られる「麻幹(オガラ)」とは、麻の皮を剥いだ幹のことで、とても柔らかく折れやすい性質があるが、オガラバナの材も柔らかくもろいので、揶揄して「麻幹花」としたと言われている。/属名のAcerとは、ラテン語で「裂ける」という意味を持ち、切れ込んだ葉の形に由来している。/種小名は、「シベリア・ウクランド産の」の意。
学名 Acer ukurunduense 長野県小谷村:栂池自然園にて
英名 Arahaga Maple, Ukurundu Maple
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 花楷楓
植物分類 ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属
園芸分類 落葉高木
用途
原産地 日本(本種:中部以北~北海道、紀伊半島:大峰山、大台ヶ原)/朝鮮半島/中国北部/シベリア地方
花言葉
解説 オガラバナは、ムクロジ科(←カエデ科)の落葉樹である。カエデ属の中では、我が国で最も寒冷地に生育する樹種であると言われている。樹高は一般的に10m前後程度であるが、肥沃な土地では15mを超えることもあるという。概して高地に生育するために、花期は遅く6~7月頃となる。花序は直立するために、ホザキカエデとも呼ばれる。花序の長さは10㎝前後程度。1本の穂状花序の中に雄花と両性花とが混在している。葉は掌状に5~7裂し、長さ8~15㎝程度で、表面は滑らかで無毛、裏面には褐色の柔毛が見られる。葉は枝に対生し、長い葉柄を持つ。因みに、材は、名前の示すほどには脆くは無いと言う。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考