←トップ頁へ

和名 オールドマン・パーム
漢字表記
別名・異名 ココスリナックス・クリナータ
古名
語源 和名は、英名の音読みから。
属名は、ギリシャ語のkokkos(=実)とthrinax(=三叉の)の合成語から。
種小名は「長髪の」の意。
学名 Coccothrinax crinita
英名 Oldman palm
Thach palm
仏名
撮影地:とちぎ花センター
独名
伊名
西名  Palma petate
Guano barbudo
Guano petate 
葡名  pqalmeira homem velho 
漢名 
泰名  ปาล์ม เคราฤาษี 
植物分類 ヤシ科ココスリナックス属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え(暖地)/鉢植え
原産地 キューバ
花言葉
解説 オールドマン・パームはヤシ科の常緑樹である。樹高は2~10m程度となる。幹径は8~20㎝程度までであるが、実際には幹の周囲に繊維質な葉鞘の遺体が下垂するので、実際よりも太く見える。葉は、長さ90㎝で、直径1.5m程度のほぼ円形の複葉で、40個程度の小葉を持つ。夏場に黄色い花(雌雄異花)をつけ、花後には径0.7~2㎝程度で丸味のある果実をつけ、紫熟か黒熟する。果実の表面には皺がある。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考