←トップ頁へ

和名 イズヨシノ
撮影者:東京都 山口米子様↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓


撮影地(前3図):小石川植物園
漢字表記 伊豆吉野
別名・異名
古名
語源 和名の語源については解説欄・備考欄参照。
属名はラテン語名Cerasus(=桜樹)に由来している。
種小名は「江戸の」の意。
学名 Cerasus yedoensis 'Izu-yoshino'(=Prunus yedoensis 'Izu-yoshino')
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉高木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉 高尚・純潔・心の美・優れた美・精神美・淡白
解説 イズヨシノは、バラ科の落葉樹である。国立遺伝学研究所でソメイヨシノの成立過程を研究していた竹中要博士によって作出されたサクラの園芸品種である。樹高は5~15m程度。本種の枝は、概して横方向に広がりを見せる傾向を示す。葉は、長さ7~10㎝、幅4~5㎝程度の楕円形~倒卵形で、縁部には重鋸歯があり、先端部は鋭尖形となり、枝に互生する。4月上旬から中旬頃に、散形状に径3~5㎝程度の花を2~3個つける。花は白色の5弁花である。花後の果実は核果で黒熟する。
履歴 本種は、三島市の国立遺伝学研究所で、竹中要博士が、エドヒガンを母種とし、オオシマザクラを父種としての交雑により作出した品種である。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考