←トップ頁へ

和名 イワネシボリ
↑拙庭にて/撮影:GKZ↓
漢字表記 岩根絞
別名・異名
古名
語源 和名に見られる「岩根」とは万葉集にも登場する語で本来「いわがね」と言い、大部分が土に埋もれた岩のことであり、本種の模様をそれに見立てたものかと推測される。/属名は、17世紀チェコスロバキアの宣教師でマニラに滞在し東洋の植物を採集したことで知られるG.J.カメルスの名に因んでいる。/種小名は「日本の」の意
学名 Camellia japonica 'Iwaneshibori'
英名
仏名
独名
伊名          
西名
葡名
漢名
植物分類 ツバキ科ツバキ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え/茶花
原産地 日本
花言葉 簡素 撮影者:東京都 山口米子様↓
解説 イワネシボリは、ツバキの園芸品種である。樹高は3m前後程度となる。葉は楕円状で枝に互生する。葉の表面には光沢があり、主脈部位で下方に凹みを見せることが多い。葉の縁部には鋸歯があり、先端部は鋭頭となる。3~4月頃、枝先の葉腋に径10㎝程度の八重咲き花をつける。花は、濃紅色地に白斑模様が入る。蕊は筒蕊となる。
履歴
県花・国花
古典1 撮影地:皇居東御苑↑
古典2
季語
備考