←トップ頁へ

和名 イワヒゲ
撮影:GKZ/長野県鬼押し出し

下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:筑波実験植物園↑

撮影地:麦草峠野草園↑
     
漢字表記 岩髭
別名・異名
古名
語源 和名は、全体的に紐状なので、髭を連想させることからと言われている。/属名はギリシャ神話に登場するアンドロメダの母親カシオペアの名に因んでいる。/種小名は「ヒカゲノカズラに似ている」の意。
学名 Cassiope lycopodioides D.
英名 clubmoss mountain heather
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ツツジ科イワヒゲ属
園芸分類 常緑小低木
用途 路地植え(ロックガーデン)/鉢植え
原産地 日本(本州の鈴鹿山脈~北海道)~アラスカ
花言葉 揺れる思い
解説 イワヒゲは、ツツジ科の常緑小低木である。高山の岩の割れ目などに自生が見られる。緑色の細長い茎を這わせる。7月頃白色または淡紅色の壺型の花を垂れ下げる。葉は鱗状に退化して茎に密着している。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考