←トップ頁へ

和名 イタヤカエデ ↑撮影:GKZ/長野自動車道:
姥捨サービスエリアにて↓

漢字表記 板屋槭樹
別名・異名 オオバカエデ
古名
語源 和名は、葉がよく茂り、重なり、板葺き屋根のようになることから。(他にも諸説あり。)/属名は「裂ける」の意のラテン名から。/種小名は「一つ」の意。
学名 Acer mono maxim.
英名 Painted maple
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 地錦槭/色木
植物分類 ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属
園芸分類 落葉高木
用途 用材(建築・家具・漆器木地・楽器・彫刻材・車両・枕木・スキー板・ラケット枠)/採糖(樹液から砂糖を採る※)
原産地 日本/朝鮮半島/シベリア東部/中国
花言葉 遠慮、慎み深い、謹慎
解説 イタヤカエデは、ムクロジ科(←カエデ科)の落葉高木である。樹高は20mにも。葉は円形で5~7裂する。秋には黄褐色になる。4~5月頃淡黄色の花を見せる。
履歴
県花・国花 北海道:倶知安町木
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考 ※我が国のカエデ類の中ではイタヤカエデが最も含糖量が多く、他のカエデの3倍近いという。
   下図撮影者:千葉県 三浦久美子様/撮影地:小石川植物園