←トップ頁へ

和名 イタビカズラ
撮影地:千葉県・本納城趾↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様  
撮影地:多摩森林科学園↓
漢字表記 岩石榴
別名・異名 ツルイチジク(蔓無花果)
キマンジュウ(木饅頭)
モクマンジュウ(木饅頭)
古名 イタビ(木蓮子・伊陀寐・以多比・伊太比)
語源 和名に見られるイタビとはイヌビワの異名であり、本種はそのイヌビワに似ていて蔓性樹であることから。/属名はイチジクに対するラテン古名。/種小名は「直立した」の意。
学名 Ficus nipponica
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 白背爬藤榕
植物分類 クワ科イチジク属
園芸分類 常緑蔓性低木
用途 食用(実)
原産地 日本(本州:福島県・新潟県以西・四国・九州)/朝鮮半島/台湾/中国
花言葉
解説 イタビカズラはクワ科の蔓性常緑樹である。雌雄異株。蔓長は5m以上に及ぶが、途中で枝から気根を出し、岩や樹木に絡みつく。葉は長さ10㎝、幅3㎝程度の長楕円状披針形で、縁部は全縁、先端部は鋭頭で、基部では葉柄に連なり蔓に互生する。6~7月頃、径1㎝程度の花嚢をつけ紫黒色に熟す。
履歴
県花・国花
古典1 『日本書紀』、『風土記』
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『大和本草』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考