←トップ頁へ

和名jp イスノキ
撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:東京都足立区:東綾瀬公園にて


漢字表記
別名・異名
another name
ユスノキ
ヒョンノキ
古名old name ユシノキ(由之乃木)
ユシギ(由志木・由師木)
語源
etymology
和名の語源については不詳。
属名は、ギリシャ語のdis(=2)とstylos(=花柱)の合成語で、この属の植物が2本の花柱をもっていることによる。
種小名は「総状花序をつけた」の意。
学名sn Distylium racemosum
英名en Distylium racemosum
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 蚊母樹
植物分類 マンサク科イスノキ属
園芸分類 常緑高木
用途use 用材(建築・家具・器具・細工・薪炭)/染料/釉剤
原産地
distribution
日本(本州関東以西・四国・九州・沖縄)/済州島/台湾/中国
花言葉
解説
description
イスノキは、マンサク科の常緑高木である。樹高は20m程度にも。4月頃、葉腋から、総状花序を出し、紅色の花を見せる。花弁はなく赤く見えるのは葯である。イスノキには葉に虫が寄生することにより虫こぶが出来る。(写真参照)虫こぶにはタンニンが含まれ、染料に用いられる。
履歴
県花・国花 福岡県:赤村木
古典1 『催馬楽』、
古典2 『倭名類聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』
季語
備考
下図撮影者:千葉県 三浦久美子様/撮影地:夢の島熱帯植物館↓