←トップ頁へ

和名jp イソポゴン・アスペル
漢字表記
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は学名の音読みから。
属名はギリシャ語のisos(=等しい)とpogon(=髭→縁取られた)の合成語から。
種小名は「ざらざらした、粗面の」の意。
学名sn Isopogon asper
撮影者:愛媛県 日原由紀子様 
英名en
仏名fr
独名de 撮影地:西オーストラリア州
伊名it ジョン・フォレスト国立公園
西名es
葡名pt
漢名ch 玫瑰锥花
植物分類 ヤマモガシ科イソポゴン属
園芸分類 常緑低木
用途use 路地植え
原産地
distribution
オーストラリア
花言葉   
解説
description
イソポゴン・アスペルは、ヤマモガシ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア西部のインド洋に面した沿海地で、概して砂壌地の花崗岩が露出したような地に自生の見られる灌木である。樹高は、0.2~1.5m程度となる。樹高はあまり高くないが、良く分枝をし、広がりを見せる。葉は細い円筒状で、途中で2~3分枝をし、先端部は刺状突起となる。6~10月頃、枝先に散形花序を出し、頭花のような形状となる。花は白色の筒状花で、先端部は4裂し、裂片は後方に反り返る。花冠の中から雌蘂が長く突き出る。因みに掲載した写真は開花直前の様子である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考