←トップ頁へ

和名jp イロハモミジ

漢字表記 以呂波楓
別名・異名
anoyher name
イロハカエデ
タカオカエデ
古名old name
語源
etymology
和名は、7裂する葉の裂片をイロハニホヘトとかぞえたことからとか。(必ずしも7裂するとは限ってはいない。)
属名のAcerとはラテン語で槭樹の一種のラテン名であり、「鋭く尖った」の意。
種小名は「掌状の」の意。
学名sn Acer palmatum
英名en Japanese mountain maple
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 鶏爪槭
植物分類 ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属  
園芸分類 落葉高木  
用途use 庭園樹/鉢植え/盆栽/用材(器具・細工物・鍬の柄) 
原産地
distribution
日本/朝鮮半島/中国  
花言葉 大切な思い出、自制、遠慮  
解説
description
イロハモミジは、ムクロジ科(←カエデ科)の落葉高木である。樹高は10m前後まで。葉は掌状で、5~7裂する。春、若葉と同時に暗紅色の小花を見せる。 
履歴  
県花・国花  
古典1 『常陸風土記』、『万葉集』、『伊勢物語』、『枕草子』、『源氏物語』、『今昔物語』、『新古今集』、『徒然草』、『太平記』、『近松浄瑠璃集』、『日本永代蔵』、『芭蕉句集』、『一茶句集』:※全て「カエデ」として。 
古典2 『下学集』、『大和本草』、『物類品隲』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
季語 春(芽)/夏(花)/秋  
備考