←トップ頁へ

和名 イヌシデ
上3図撮影:GKZ/群馬緑化センター

 下図撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記 犬四手
別名・異名 シロシデ/アオシデ
古名
語源 和名に見られるシデとは、注連縄などに等に垂らす飾りのことで、和名は、この木の花の垂れ下がった様子による。/属名は、ケルト語で、car(=樹)とpen(=くびき)の合成語で、材を牛の軛に用いたことから。/種小名はロシアの植物分類学者マキシモヴィチのために我が国の植物を採集した須川長之助の名に因んでいる。
学名 Carpinus tchonoskii
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 昌化鹅耳枥
植物分類 カバノキ科クマシデ属
園芸分類 落葉高木
用途 用材(櫛・器具の柄)
原産地 日本(中部地方以西)/朝鮮半島/中国
花言葉
解説 イヌシデは、カバノキ科の落葉樹である。樹高は15m程にも。樹皮は暗灰色。葉は互生して二列に並ぶ。葉は長さ4~7㎝卵形~楕円形で、縁には不規則な鋸歯があり、先端は尖る。程度の若葉は紅色を帯びる。5月頃新葉とともに開花する。雄花は前年の枝に、雌花は若枝にと別々に着く。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語 撮影地:千葉市→
備考