←トップ頁へ

和名 イヌニッケイ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:東京都薬用植物園
漢字表記 犬肉桂
別名・異名 キアト(タイ語名)
古名
語源 和名は、ニッケイに似ているが別の樹木であり、ニッケイの代用品として用いられることから。/属名は、ギリシャ語のcinein(=巻く)とamomos(=申し分ない)の合成語で、巻き上がった葉の形状と芳香を讃えているとか。/種小名は「役に立たない、効果の無い」の意。
学名 Cinnamomum iners
英名 Wild cinnamon
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 大葉桂
泰名  เชียด
อบเชยไทย
植物分類 クスノキ科ニッケイ属
園芸分類 常緑高木
用途 薬用/香料/香味料
原産地 中国・タイ・カンボジア・ラオス・ヴェトナム・マレーシア・インドネシア・フィリピン
花言葉 純潔/清浄
解説 イヌニッケイは、クスノキ科の常緑樹である。本種は、原産地の項に記した地の標高100~1000m程度の渓谷の道路沿いや森林地帯に自生の見られる樹木である。樹高は最大で20m程度となる。葉は長さ12~35㎝、幅5.5~8.5㎝程度の卵形~狭楕円形で枝に対生する。葉の表面には光沢があり、縁部は全縁、先端部はほぼ鈍頭である。3~5月頃、枝先の葉腋から集散花序を出し、白黄色で6弁の小花を3~7個程度つける。花後には、長さ0.7~1㎝程度の果実をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考