←トップ頁へ

和名 インドゴムノキ  
漢字表記 印度護謨の木
別名・異名
古名 撮影地:夢の島熱帯植物館↓撮影者:東京都中村利治様↑
八丈島・川口交差点にて/撮影:GKZ↓
 
語源 和名は、英名の直訳から。/属名イチジクに対するラテン古名。/種小名は「弾力のある」の意。
学名 Ficus elastica Roxb.
英名 India rubber plant
仏名 caoutchouc
独名 Gummibaum
伊名 Fico del caucciù
西名 Ficus de hoja grande,
Arbol del caucho
葡名 áarvole-da-borracha
漢名 印度膠樹/橡皮樹
泰名  ยางอินเดีย 
植物分類 クワ科イチジク属
園芸分類 常緑高木
用途 観葉植物
原産地 熱帯アジア
花言葉 永久の幸せ
解説 ゴムは、クワ科、トウダイグサ科、キョウチクトウ科、アカテツ科等400種以上の樹木から採取されている。実用的には、トウダイグサ科のパラゴムノキが主要樹種といえる。我が国でゴムノキと称して観賞用に栽培しているゴムノキの場合、インドゴムノキである。これは、パラゴムノキ等と区別するために原産国の名前を冠したといえる。インドゴムノキはインドやミャンマー、マレーシア等の熱帯降雨林に自生する。大きいものは50メートルを超えると言われる程である。幹からは多数の気根を生じ、やがて、それが支柱根となる。葉は、長さ30㎝程度で、照り葉。
履歴 わが国へは明治末期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
10 203 「白蟻」