←トップ頁へ

和名 イエライシャン
漢字表記 夜来香
別名・異名 トンキンカズラ(東京蔓)
古名
語源 和名は、中国名の中国語読みから。/属名は、ギリシャ語のtelo(=遠い)とosme(=香り)の合成語であり、芳香の強いことを示している。/種小名は「心臓形の」の意。
学名 Telosma cordata
英名 Night-fragrant flower,Tonkin flower
仏名 栃木県足利市:足利フラワーパークにて
独名  
伊名
西名
葡名
漢名 夜来香/淺色夜香花
植物分類 キョウチクトウ科(←ガガイモ科)テロスマ属
園芸分類 常緑蔓性低木
用途 路地植え/鉢植え/食用・薬用(花)
原産地 中国南部~ベトナム~インド
花言葉
解説 イエライシャンは、ガガイモ科の蔓性常緑である。蔓は5m程度まで伸びる。葉は長い葉柄を持ち、心臓形で蔓に対生する。茎・葉共に切ると乳白色の液体を出す。8~10月頃、葉腋から散形花序を下垂し、筒型で花冠(径2.5㎝前後程度)の先端を星型に5裂する。花の外側は淡緑色、内側は黄色となる。花に名前の通り夜間に特に強い芳香を放つが、日中も香る。
履歴 昭和45年(1970)、神代植物園の温室で植栽されたのが最初と言われている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考