←トップ頁へ

和名 イチハラトラノオ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
   撮影地:新宿御苑
漢字表記 市原虎尾
別名・異名
古名
語源 和名は、京都府左京区市原にあったサクラで、開花時には短枝にまとまってつく姿が虎の尾じょうであっることから。
属名はラテン語名Cerasus(=桜樹)に由来している。/種小名は「園芸家ラネスの」の意。/品種名は「緋桜」の意。
学名 Cerasus 'Ichihara'
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉高木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉 高尚・純潔・心の美・優れた美・精神美・淡白
解説 イチハラトラノオは、バラ科サクラ属の1品種である。枝は横方向に真っ直ぐ伸び、その周囲に短枝が密につく。全体的な樹形は盃状ととなる。若芽は開花よりも先に展開する。成葉は、長さ5~9㎝、幅3~4.5㎝程度での楕円形~倒卵状長楕円形で、縁部には単細鋸歯を持ち、先端部は短尾状鋭先形、基部は円形~鈍形で、枝に互生する。4月中旬~下旬頃、散房状に3~4個の花をつける。花弁数は50個程度となる。花色は白色で、先端部や外側は幾分淡紅色を帯びる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考