←トップ頁へ

和名 エゾユズリハ
漢字表記 蝦夷譲葉
別名・異名 ヒナユズリハ
古名 雌花→
語源 和名は、発見地が北海道だったことによる。(※履歴の項参照)/属名は、ギリシャ語のdaphne(=月桂樹)とphllon(=葉)の合成語で、葉が似ていることからの命名。/種小名は、「長い柄の、太い軸の」の意。/亜種名は「背丈の低い」の意。
学名 Daphniphyllum macropodum subsp. humilehumile
英名 撮影者:新潟県 塩野計司様
仏名      
独名
伊名
西名
葡名 撮影地:新潟県・東山
漢名
植物分類 ユズリハ科ユズリハ属
園芸分類 常緑低木
用途 庭木
原産地 北限は択捉島に始まり、北海道、東北地方、関東北部を経て中国地方までで、南限は寂地山。日本海側の多雪地に多く見られる。
花言葉 雄花→
解説 エゾユズリハは、ユズリハ科の常緑低木である。樹高は1~3m程度に。雌雄異株で、5~6月頃に、花弁の無い花を見せる。葉質はユズリハよりもうすい。葉の形状は楕円形~倒卵状長楕円形で長さ10~20㎝程度。葉には長い葉柄があり、枝に互生する。葉の表面は光沢があり、裏面は緑白色となる。
履歴 本種は、1870年に函館産のものについてユズリハの亜種とされている。
県花・国花 花(2葉)の撮影地:新潟県・守門岳
古典1
古典2
季語
備考