←トップ頁へ

検索名  エランテムム・トリコロル  
和名 プセウデランテムム・カルテルシー
撮影者:沖縄県 田中 勝様
撮影地:那覇市内
漢字表記
別名・異名 エランテムム・トリコロル/エランセマム・トリカラー
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語のpseud(=偽の)とeranthemum(=エランテムム属)の合成語から。/種小名は人名の因んでいる。(イギリス人探検家であり博物学者であったAlexander Douglas Mitchell Carruthersの名に因んでいるものと推測される。)
学名 Pseuderanthemum carruthersii(=Eranthemum tricolor)
英名 False eranthemumu,Graptophyllum,
Purple false eranthemum


仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 紫葉拟美花
植物分類 キツネノマゴ科ルリハナガサモドキ属
園芸分類 常緑小低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 太平洋諸島(ポリネシア)
花言葉
解説 エランテムム・トリコロルは、キツネノマゴ科の常緑樹である。樹高は1~3m程度に。葉は長さ15㎝程度の楕円形~卵形で、縁部は全縁、先端部は尖り、茎に対生する。葉は暗緑色の地に暗紫色の斑模様が入る事がある。9~11月頃、茎頂に穂状花序を出し、長さ1㎝前後程度の筒状花を数個つける。花冠は5裂し、花色は白地に紫の斑紋が入る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考