←トップ頁へ

和名 エド 撮影者:千葉県三浦久美子様  撮影地:新宿御苑
漢字表記 江戸
別名・異名 エドザクラ(江戸桜)
古名
語源 和名別名は江戸で見られるサクラの意からの命名か。
属名は、ラテン語のserasus(=桜樹)に由来している。
種小名は「小鋸歯状の、細鋸歯を持った」の意。
品種名は「気品のある」の意。
学名 Cerasus serrulata Nobilis'
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉高木
用途 庭園樹/公園樹/神社・仏閣の境内樹
原産地 園芸作出品種
花言葉
解説 エド、バラ科の落葉高木である。ヤマザクラ群の中の園芸品種である。樹高は5~10m程度となる。葉は長さ5~10㎝、幅3~5.5㎝程度の卵形~楕円形で、縁部は細かい重鋸歯で、幾分単鋸歯も入り混じり、先端部は尾状鋭先形、基部は浅心形で枝に互生する。4月中・下旬頃、枝先の葉腋から散房状に4~5個の花をつける。花色は淡紅色で、概して中央部は白色となる。花径は4~5㎝程度で、花弁数は20個程度。
履歴 本種は、もと東京の荒川堤に栽培されていた品種である。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考