←トップ頁へ

和名jp アトラス・シーダー
 ↑撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地(全3図):小石川植物園

撮影者:千葉県 三浦久美子様↑    
漢字表記
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、英名の音読みから。
属名は、アラビア語のkedron(=力)に由来したギリシャ語cedros(=香りの良い樹木)の意。
種小名は、「アトラス山脈の」の意。
学名 sn Cedrus atlantica
英名en Atlas cedar
仏名fr Cèdre de l'atlas
独名de Atlas-Zeder
伊名it Cedro dell 'Atlante
西名es Cedro del Atlas,Cedro plateado,Cedro atlántico
葡名pt Cedro-do-atlas
漢名ch 北非雪松       
植物分類 マツ科ヒマラヤスギ属
園芸分類 常緑高木    
用途use 庭園樹/公園樹/用材(建築・土木)
原産地
distribution
北アフリカ(アトラス山地)
花言葉
解説
description
アトラス・シーダーは、マツ科の常緑樹である。自生地では、樹高は40~50mにも達すると言う。枝がほぼ直角につき、全体的には樹形が整った円錐形になるために、欧米では好んで植栽される樹種である。針葉は短く、銀青緑色~灰青緑色。球果は長さ5~8㎝程度の円筒形~卵形で淡褐色で上向きにつく。  
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考